間違いのない中古車選び!

subpage01

車を購入する場合、新車にするか中古車にするかのどちらかになるのですが、まずは車種を決める必要があります。
車を選んでいるとき、最初はとあるメーカーのセダンタイプが良いと考えても、次第にSUVが良くなり、最終的に2ドアスポーツカーになってしまうことがあります。

タイプが違えば機能も異なり、価格も変わってきます。

素敵な産経ニュース情報が様々な条件で検索可能です。

そのため、購入する車のタイプや車種(型式)をしっかりと決めることです。


現行モデルの車を選ぶのであれば、新車と共に中古車も検討しましょう。



現行モデルで生産開始から1年以上経過している車種の場合、中古車がすでに販売されていることがあります。



登録のみで未走行車や展示車、試乗車などが新古車となります。

中古車はすでに登録済みであることから新車よりも安く販売されます。

ただ、軽自動車の場合、オーディオレス車となると、購入時にナビやETCなどを搭載すると新車とそれほど変わらなくなることがあります。

社外のアルミホイールやエアロパーツを搭載した車も価格の吊り上げが行われている場合がありますので注意してください。輸入車の場合、新古車は一気に価格が落ちます。
ディーラーで新車を購入するケースは購入時のローン優遇や購入後のサポート体制が整っており、それも加味して考えましょう。

売りっぱなしの販売店での購入はいけません。
中古車の価格比較サイトの検索エンジンを利用して条件が同一の車を探すのも良いでしょう。

下取の車がある場合は必ず、買取一括見積にて高値を出す業者に売却しましょう。